2015年12月28日

何もしていない人だ



これは、ドイツのリヒテン滬港通ベルク言葉とされる。
いつも忙しそうにしている人ほど、実は、意味のある事を何もやってない、
ということらしい。
18世紀の科学者が語ったこの言葉は、現代にも充分通じる一言でもある。
現代人は何かと忙しく、
いつに限らず、追われるような日々を過ごしているようなところがある。

”忙しい”と言えば、
いよいよ消費税8%がスタート。
31日は、あちらこちらを駆け回り、
消費税アップの前に買いダメをする姿が目立った。

これから先、どうなっていくのか、不安の船出というところだろう。
共同通信のニュースによると、
76%の人が、消費税の増懷孕便秘税後を懸念していると出ていた。

日本で消費税がスタートしたのは、平成元年の4月1日 。
税率は3%だった。
電卓に3%の税率が簡単に計算できるボタンがついたり、
スーパーや商店などは、税率が表記できるレジの買い替えが迫られるようになったりした。

平成9年の4月1日から5%。
あれから17年の歳月が流れたことになる。
無意識の中で、自動的に税率を上旅遊管理課程乗せして考える習慣がついていたが、
これからは意識して8%に変換していかなければならないようだ。

そして、来年の10月に10%になるという話もある。
そんな”忙しい話”はごめんだ。
  


Posted by 鴬 at 17:00Comments(0)

2015年12月07日

科学的な研究



たとえば、画家ムンクが幻視を見ていたとか、
ゴッホの狂気もよく知られているところ。
それらの狂気は、生まれた環境などから受けた精神的な抑鬱に因るものだという。
そして、精神的な抑鬱が大きければ大きいほど、
その創造性は豊かなものとなるようだ。

古代ローマ時代のセネカは思想家であり劇作家。
豊かな精神性の持ち主と言われている。
だけども、
おそらく、それが災いして、
かの悪名高い皇帝ネロの家庭教師に撰ばれる事になった。
だけども、
ネロに対して言って聞かせてもダメなものはダメ。
ローマに火をつけるなど、ネロの狂気の行動はエスカレートしていくばかり。

「ネロの残忍な性格であれば、弟を殺し、母を殺し、妻を自殺に追い込めば、
あとは師を殺害する以外に何も残っていない」
という言葉を残しているが、
実際、セネカはネロによって自殺させられることになる。
残念な形で、人生に終止符を打たれてしまった。

このネロ、この行動からして、
やはり、かなりの鬱屈した精神性を持ちぬしと言えそうだ。
「抑鬱や狂気が芸術の天才を生み出す」というのであれば、
ネロは、アーティストを目指すと、芸術の天才となっていた?  


Posted by 鴬 at 15:51Comments(0)