2015年10月08日

繰り返すがこれは

作者自身の、生々しい就活体験を元にしてあるのだろう、
現代を生きる若者たちの、苦しさや心許なさが、
えぐるように描かれてあった。ここ数年来の就職活動生たちは、
市場原理資本主義経済社会の、最大の犠牲者といえるだろう。

あまりにも狭き門に向って、
友人さえも、ライバルどころか、
食うか食われるかの、情け容赦ない“敵”と化して、
足を引っ張り合い、陰で中傷し合い、
面罵し合い、潰し合う世界。

異常で、恐ろしい社会だ。それが、決して妄想ではなく、現実化しているのだ。
社会に、もし健全さが残っていれば、
学生たち寶寶推車に対し、その能力や才能の方向にふさわしい、
生き場所の門戸を、必ずどこか開けるはずなのに!

現代日本社会に、なぜそれができないかと言えば、
  生き場所 = 地位 = 稼ぎ
のシステムが固定されているからだろう。

そのため、生き場所を得るために、
過当(もしくは不当)な競争が生じる。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。