2016年06月21日

るものにしていくと

「万里の長城」、「竹」、「調和(和諧)」が外国人の中で認知度の最も高い「中国文化のシンボル」となり、文化観光と人的交流は彼らが中国文化を知る上で最適のルートであるとする報告書が北京で発表された。

第4回文化イノベーション国際フォーラム(北京師範大学主催、首都文化イノベーション・文化発信プロジェクト研究院実施)が6月18日午前、北京市内で開かれ、「外国人の中国文化に対する認知度調査報告書2015」が発表された。

同報告書は、米、英、仏、日など10カ国の若者を対象に、中国文化への認識や学習意欲、認知ルートなどを反映しており、中国文化への誤った認識なども紹介されている。調査に際しては各国からそれぞれ300人分のサンプルを回収し、実質3134人分の調査結果を反映させている。

同報告書によると、中国文化に対する認知度、中国文化のシンボルの受容度や親しみ度は、総じて深まりを見せている。中国文化のシンボルを具象化した18のキーワードでは、「長城」、「竹」、「調和」が上位にランクインし、「昆曲」、「白酒」、「李娜(中国人テニス選手)」は下位であった。

また、過半数の回答者が中国文化への理解を望んでおり、調査で提示された中国文化を知る5つのルートすべてにおいて、過半数が「試みたい」とし、外国人の若者の中国文化への学習意欲が強く反映された。中でも、文化観光と人的交流を希望する回答者の割合は約3/4の割合で「ベストルート」に選ばれ、実際に見て触れることによって中国文化を知ることが最も歓迎されるルートであることが調査で分かった。一方で、外国人の若者にとって中国哲学の魅力は比較的薄い結果となったが、それでも51.8%の回答者を引き付け、今後中国文化を海外へと発信する際は哲学的文化面の内容をより若者を引き付ける趣のあるものにしていくとともに、中国哲学の入門レベルを下げる必要性があることを反映した。

この他、外国人の若者が実際に中国文化の情報を得る際のルートとしては、インターネット(62.9%)がその主要なルートとして選ばれ、テレビ(12.2%)、家族や友人(10.0%)と続いた。  


Posted by 鴬 at 12:30Comments(0)

2016年06月06日

成に多く触れた

このほど閉幕した全国科学技術革新大会は国内外で大反響を呼んだ。外国人の注目が再び中国に集まり、各国からは、「盛大な全国科学技術革新大会の開催は革新駆動戦略をさらに推進し Beauty Box 好唔好、中国経済の競争力の強化、発展のモデルチェンジに貢献するだろう」との声が寄せられている。

◆米国 科学技術革新、国家戦略を力強く推進

本部をワシントンDCに置く中国環境国際基金(IFCE)は、中国の環境保護とグリーン発展事業に長期的に取り組んできた。同基金の何平総裁は取材に対し、全国科学技術革新大会の見どころについて次のように述べた。

中国の最高指導者は科学技術革新を重視しており、戦略的な見地から科学技術革新をより重要な位置に据えている。これは国家革新戦略の任務実施を力強く推進し、かつ中国の科学技術革新に存在する問題(合理的な革新体制の構築、個人と民間零細企業の革新力の発揮など)の解決を早めるだろう Beauty Box 好唔好

◆カナダ 科学技術革新、革新的な人材にとっても朗報に

カナダ工学アカデミー会員、ロボット・自動化研究専門家の張丹教授は、「中国の多くの産業はアップグレードと更新を必要としている。科学技術革新は、モデルチェンジ成功の鍵だ。全国科学技術革新大会は、全国大学の学術的革新力と科学技術ソフトパワーを全面的に強化する。学科の長所の強化 Beauty Box 好唔好、一流の研究拠点の建設、優秀人材の育成を促し、科学技術革新の潜在力を引き出す」と指摘した。

カナダ・中国科学技術連盟共同主席、カナダ華人ITベテラン協会常務理事の管煉氏は、「習近平国家主席は談話の中で、科学技術者チームの結成に多く触れた。これは帰国後の就業を検討している海外の科学技術者にとっても朗報だ」と話した。

◆イスラエル 国際協力は革新的発展の重要な手段

中国・イスラエルの革新をめぐる協力を推進し、その歴史を見守ってきた元イスラエル経済省チーフサイエンティストのハッスン氏は、「中国が迎える科学技術革命」と題するブログ記事の中で、「国際協力は中国が革新的発展を実現する重要な手段だ。中国はイスラエルなど、革新型国家との協力を強化し、目標を実現しようとしている。両国の過去数年間に渡る研究開発協力プロジェクト、革新技術をめぐる戦略的な投資、M&Aには、喜ばしい成長があった。中国など革新主力国との協力を続け、世界をより素晴らしい場所にしていきたい」と記した。  


Posted by 鴬 at 14:55Comments(0)

2016年05月23日

記念公園を訪れた


 米ホワイトハウスのアーネスト報道官は2日、1945年に原子爆弾の攻撃を受けたことについて日本が謝罪を受けるべきだとオバマ大統領は考えていないとの立場を明らかにしたPretty renew呃人。新華社が伝えた。

 アーネスト報道官は同日の記者会見で、広島への原子爆弾投下について日本が謝罪を受けるべきだとオバマ大統領は考えているかとの質問に対し、「彼(オバマ大統領)はそのようには考えていない」と答えた。

 日本政府はこれまで、オバマ大統領在任中の広島または長崎への訪問実現を繰り返し主張してきた。だが米国国内でこの問題は極めて敏感な話題となっている。オバマ大統領は5月、G7サミット出席のため日本を訪れるが、この時に広島または長崎を訪問するかに注目が集まっている。アーネスト報道官は2日、オバマ大統領の日程はまだ最終的には確定していないとしたPretty renew呃人

 4月10日の広島でのG7外相会合の際、ケリー国務長官は広島平和記念公園を訪れた。だが第2次大戦中の米国による広島への原爆投下について謝罪はしなかった。

 国際社会は5月、世界反ファシズム戦争の勝利71周年を記念する一連の活動を開催する。日本はこれまで唯一の原子爆弾の攻撃を受けた国である。侵略戦争を発動した日本にできるだけ早い降伏を促すため、米軍は1945年8月6日と9日、広島と長崎に原爆を投下した。日本はこれまで長期にわたり、この事実によって自らを第2次大戦の被害者として描いてきた。しかし日本が原爆投下に遭った歴史的背景には言及することはあまりないPretty renew旺角

 日本の公式統計によると、広島への原爆投下によって少なくとも14万人、長崎への原爆投下によって7万人が直接死亡した。  


Posted by 鴬 at 15:34Comments(0)

2016年05月06日

声をかけて回った

若い人達との別れは兒童書桌まだ辛くない。ほとんどの友人は電子メールを使うので、どこにいても簡単に連絡を取り合える。。今生の別れではないことはわかっている。彼らが日本に来るかもしれないし、私たちが彼らの住む土地を訪ねることもあるかもしれない。これがきっかけになるのだと思える。

病院のピアノ弾きでは、結局最後にお年寄り一人一人に声をかけて回った。スタッフの人達からは「さびしくなるわ」と記念品と寄せ書きのカードをもらった。バス停でもらったばかりのカードの文字を追う。色んな文字がにじんで見える。バスにごとごと揺られながら、私は今死んでいるなとぼんやり思った。

当初の目的通り英国人の友人がたくさんできた。語学学校一程多站旅遊や訪問研究員の集まりを通じて、英国だけでなく世界中にも友人ができたというおまけもついた。ただでさえ荷物が多いところにお餞別をもらったり、忙しい中お別れにお茶や食事に招いてもらったり、うれしい誤算もある。住所を交換しながらお互いに言う。

Do keep in touch(忘れずに便りをちょうだい)

この言葉が社交辞令に終わるか終わらないかは、これからにかかっている。せめてクリスマスの時期にはカードを出そう、と気弱な決心をする。

とにかく私のここでの生活はこれで終わった。いろいろ癌症中期護理やり残した気もするし、充分やった気もする。終わりのような気もするし、始まりのような気もする。胸に去来するさまざまな想いを抱えて、私は日本に帰る。  


Posted by 鴬 at 11:06Comments(0)

2015年12月28日

何もしていない人だ



これは、ドイツのリヒテン滬港通ベルク言葉とされる。
いつも忙しそうにしている人ほど、実は、意味のある事を何もやってない、
ということらしい。
18世紀の科学者が語ったこの言葉は、現代にも充分通じる一言でもある。
現代人は何かと忙しく、
いつに限らず、追われるような日々を過ごしているようなところがある。

”忙しい”と言えば、
いよいよ消費税8%がスタート。
31日は、あちらこちらを駆け回り、
消費税アップの前に買いダメをする姿が目立った。

これから先、どうなっていくのか、不安の船出というところだろう。
共同通信のニュースによると、
76%の人が、消費税の増懷孕便秘税後を懸念していると出ていた。

日本で消費税がスタートしたのは、平成元年の4月1日 。
税率は3%だった。
電卓に3%の税率が簡単に計算できるボタンがついたり、
スーパーや商店などは、税率が表記できるレジの買い替えが迫られるようになったりした。

平成9年の4月1日から5%。
あれから17年の歳月が流れたことになる。
無意識の中で、自動的に税率を上旅遊管理課程乗せして考える習慣がついていたが、
これからは意識して8%に変換していかなければならないようだ。

そして、来年の10月に10%になるという話もある。
そんな”忙しい話”はごめんだ。
  


Posted by 鴬 at 17:00Comments(0)

2015年12月07日

科学的な研究



たとえば、画家ムンクが幻視を見ていたとか、
ゴッホの狂気もよく知られているところ。
それらの狂気は、生まれた環境などから受けた精神的な抑鬱に因るものだという。
そして、精神的な抑鬱が大きければ大きいほど、
その創造性は豊かなものとなるようだ。

古代ローマ時代のセネカは思想家であり劇作家。
豊かな精神性の持ち主と言われている。
だけども、
おそらく、それが災いして、
かの悪名高い皇帝ネロの家庭教師に撰ばれる事になった。
だけども、
ネロに対して言って聞かせてもダメなものはダメ。
ローマに火をつけるなど、ネロの狂気の行動はエスカレートしていくばかり。

「ネロの残忍な性格であれば、弟を殺し、母を殺し、妻を自殺に追い込めば、
あとは師を殺害する以外に何も残っていない」
という言葉を残しているが、
実際、セネカはネロによって自殺させられることになる。
残念な形で、人生に終止符を打たれてしまった。

このネロ、この行動からして、
やはり、かなりの鬱屈した精神性を持ちぬしと言えそうだ。
「抑鬱や狂気が芸術の天才を生み出す」というのであれば、
ネロは、アーティストを目指すと、芸術の天才となっていた?  


Posted by 鴬 at 15:51Comments(0)

2015年11月07日

引越し準備に取




細かいものほどまだ使う・・・大きいものはすでに収納ケースに納まっているし・・・じわじわ片付けていくしかな状況の中、ようやく部屋が殺風景になるまでになりました(笑)高校を卒業し上京してきてから今までの出会いの中で、もしかしたらもう会えなくなる人もいるかもしれないと思い.

「今日はこの人と 明日はこの人と」短い時間の残された期間の中で色んな人と会って・出掛けて・食事して・・・ここに来て季節や気候の変わり目もあり、MAX落ち着かない状況のよっくんを連れては結構しんどいものがありますが・・・忙しい中にも時間を無駄にすることなく、みんなに引越しの挨拶ができました。今はメールやフェイスブックやLINEなどもあるので、ひょんなことで昔の繋がりが再会することもありますし、離れてしまった友達ともいつでもコミュニケーションが取れます。それでも長い人生を歩んでいく中で、お互いに遠ざかったりもするわけです。

そんな当然の予測も出来るので、やっぱり引越しすることでの“今回の別れ”はその時その時で寂しいものがあります。出会いがあっての別れがあって、それが人生だと思いますので一期一会の出会いや別れを適当にやり過ごすわけにはいきません。桜の蕾の膨らみが増す日々に、これほど寂しいと感じたことはこれまでにあったかな・・・
人生の半分近くの思い出が、この東京に詰っています。
最後まで“都会人”にはなれなかったけど(笑)、私らしく過ごせてこれたのだと色んなことを感じます。  


Posted by 鴬 at 18:46Comments(0)

2015年11月06日

完全凌駕するくらい


ここぞというときは前へ出てガンガンタックルを決め、マコウ、リードらが接点で働く。アタックに関しては、経過を記す中で前半最後のミルナースカッダーのトライに至る過程を絶賛した。

組織防御が発達を遂げる今、その上をいく攻撃力を持っているのが素晴らしい。上質なアタックは豊富な運動量と正確な判断力、パススキルの上に築かれたもの。アタックムーヴがこのレベルに達するか、フィジカルやセットピースがオールブラックスを、桁外れに強くならないことには頂点には立てない――という命題を他国に突きつけた優勝ではなかったか。

ゲームを支配したベースには、ノヌのセンタークラッシュ、あるいはFWの縦により、ピッチ中央で前へ出てアタック有利の局面を作り続けたことが挙げられる。防御を内へ寄せるお膳立てができるシーンは案外多く、外にできたオーバーラップをいかに攻略するかがこの試合の一番のポイントだったような気がする。ワラビーズにブレイクダウンで粘られた分、トライラッシュとはいかなかったけれども。あとは、いつものごとく、キックカウンターやターンオーバーといったアンストラクチャーの局面をいかに制するか。MOMにはカーターが選ばれた。21×17とされて乱戦ムードが漂い始めたあと、流れを自軍へ再び引き寄せるDG、ロングPGは値千金。妥当であろう。大会全体を通じた印象は、とにかくチームが成熟していたということ。キャプテンのマコウ、カーター、ノヌ、C・スミス、リード……前回大会の主力が、今回も変わらぬパフォーマンスでゲームを引き締めていた。

名前を上げ始めるとキリがないが、レタリックの質を伴ったハードワークの数々にも唸った。この試合の先発15人が大会ベストフィフティーンでもおかしくない中、個人的にMVPに推したいのはレタリックである。  


Posted by 鴬 at 15:16Comments(0)

2015年10月29日

真夏の昼空の向こう

体調はよくなっても、呆然自失という新たな枠組みは、はたして薬の副作用によるものなのか、わたしちゃん自身の新たなキャパオーバーサインなのか。完全には治らなくったっていいと、はじめからおもっている。

なんとなく、なくしたくないのだ。わたしは、このなくしたくない自分を、絶対的にまもってほしかった。なんて、荷が重いか。この頃、思考回路が1年前に逆戻りしはじめている。ふいに、泣きそうな心持ちになって、あわててしまうね。どうしてどうしてどうしてどうして、どうして。

あきらめてしまえよ、そう何度も言い聞かせたはずなのに。ひとふたり、たましいふたつ、うつわにこ、相容れやしない。ふたつがひとつには成りえない。
もやに消されて、富士山は稜線も見えなかったのに。今夜は once in a blue moon だって。わたしちゃんてね、晴れ間女なのよ。

お惣菜屋さんの山盛りおかずも売り切れて、Close の文字が傾くガラス越し。
仰げば、お月さまが坂道の少し先をつねに照らす、歩いていく。
わたしちゃんは、あれも欲しい。  


Posted by 鴬 at 12:31Comments(0)

2015年10月08日

繰り返すがこれは

作者自身の、生々しい就活体験を元にしてあるのだろう、
現代を生きる若者たちの、苦しさや心許なさが、
えぐるように描かれてあった。ここ数年来の就職活動生たちは、
市場原理資本主義経済社会の、最大の犠牲者といえるだろう。

あまりにも狭き門に向って、
友人さえも、ライバルどころか、
食うか食われるかの、情け容赦ない“敵”と化して、
足を引っ張り合い、陰で中傷し合い、
面罵し合い、潰し合う世界。

異常で、恐ろしい社会だ。それが、決して妄想ではなく、現実化しているのだ。
社会に、もし健全さが残っていれば、
学生たち寶寶推車に対し、その能力や才能の方向にふさわしい、
生き場所の門戸を、必ずどこか開けるはずなのに!

現代日本社会に、なぜそれができないかと言えば、
  生き場所 = 地位 = 稼ぎ
のシステムが固定されているからだろう。

そのため、生き場所を得るために、
過当(もしくは不当)な競争が生じる。
  


Posted by 鴬 at 16:06Comments(0)